川口の出会い掲示板でで最大の窮地に立たされています

しかし、前回の日記に書いたように、川口の出会い掲示板は後部の友人や米の友人と会って話をしました。私はいつもメールやLINEで私なので、後部の友人に気付くことさえありません(私の気持ちを表現してください)。ないので)
明日はいつも綺麗なので痛いです。私は笑う余裕はありませんが、笑わなければなりません。

川口の出会い掲示板
つらいものを吐き出したくてもできません。したがって、日記を非公開にし、痛みを伴うものを吐き出すと、少し気分が良くなります。
まぁ、やっぱり大変な状況にならないと気持ちがわからない。
でも、なんとなく心に寄り添っていると感じ、こめともさんの言葉に満足しました。

今回はテンプレートが取れないのですが、良くないので…笑
私は今、彼女の未来は私です…」

今、私は人生で最大の窮地に立たされています。そこから脱出できるまで、本当に笑うことも、幸せを感じることもできません。川口の出会い掲示板がいつまで続くかわかりません。でも、日記を書くのは気が散る意味でいいのですが、やっぱり辛いので暗い日記を書こうと思います。誰も暗い日記を読みたくないですよね?とにかく読むのは明るくて楽しい日記ですよね?
それで、私は自分の日記を川口の出会い掲示板にして、逃げることができるまでそれを本当の意味で保つべきですか?と思いました。
プライベートにしておくのもいいと思ったので、とりあえず日記を書きました。
定期的にご飯をくれているお米の友達がいて、ご飯を残さなくても読んでいます…を残して、ご飯もも残さないのですが、読んだ人は「なに? ?書いていた日記はどうなりましたか?日記を書きませんか?気になる方もいらっしゃると思いますので、黙って非公開にするのをやめました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です